榛南青年会議所~静岡県榛原郡吉田町・牧之原市・御前崎市にかかる青年会議所~

理事長所信

理事長紹介

 

第33代理事長 原崎浩一

理事長所信 

~すべてのつながりが榛南の未来に繋がる~

 

はじめに 

私は地元が好きです。そして今、地元を好きだという事を改めて実感しています。それは青年会議所のおかげと言っても過言ではありません。

私は2003年、25歳のときに先輩の誘いを受け、何も分からないまま青年会議所へ入会しました。今でこそ、「修練」「奉仕」「友情」の三信条の下、「明るい豊かな社会の実現」を目指して運動している団体だと理解していますが、その時は何をしている団体なのかさえ知りませんでした。

2004年度、2009年度は「JC青年の船とうかい号」へ乗船し、200名の青年会議所メンバーとともに同じ目的に向かい力を合わせ船内での活動をしていく中で、たとえ住んでいるまちは違えども、「明るい豊かな社会の実現」への気持ちは皆同じである事を実感しました。

2010年度は、ひとづくり委員長として「やっぱ地元っていいじゃん」を合言葉に、多くの子どもと大人とが同じ時間を共有しながら、子どもたちが郷土愛を育む事業を行う中で、子どもたちの成長を感じるとともに、自分自身も地元が好きだということを感じる事ができたのです。

2013年度は、榛南青年会議所創立30周年という節目の年に専務理事をやらせて頂きました。多くの30周年記念事業がある中で、ひたむきに頑張るメンバーの姿を見て、榛南青年会議所の情熱と大きな可能性を感じました。そして何より私自身、多くのメンバーに助けられた一年でもあり、メンバーに感謝するとともに深い友情を感じる事ができたのです。

 

このように入会してから今まで、私は、叱咤激励してくださる敬愛する先輩方、県内外の志が高く魅力あふれるメンバーと出会い、自分自身の成長、仲間との深い友情を感じ、そして改めて地元に愛着を感じました。だからこそ私は青年会議所の虜になったのです。

志高いメンバー一人ひとりがつながりを大切にし、郷土愛を持って運動すれば、それは大きな力となり、榛南の未来を変えることが出来ると私は信じています。私たちの今の行動が榛南の未来へ繋がると信じ、つながりを大切にして行動していくことが重要なのです。

 

 

つながりある組織へ 

時代の流れと共に、組織のあり方、組織運営の手法も変わっていきます。榛南青年会議所も現状に満足するのではなく、代々引き継がれてきた組織運営を継承しつつ、絶えず進化し続けなければなりません。そのためには、枠にとらわれない自由な発想で、私たちには何を求められているのかを常に模索し続けなければいけません。また、より多くの人たちに私たちの運動への理解と共感をして頂くためには、効率よく効果的に私たちの運動を発信することが必要です。

青年会議所は多くの仲間と出会い、友情を育む場でもあります。静岡県内外での青年会議所メンバーと出会い、友情を育むことはもちろんですが、私は、榛南青年会議所メンバーとの友情をより深めてほしいと思います。人それぞれ個性があり、意見が違うのは当然です。共感を得られるかどうかはともかく表現してみないことには始まりません。意見の衝突を恐れず、自分の中にあるものを出して仲間と熱い議論を交わし、お互い切磋琢磨しながら成長できる関係を築くことが必要です。

 

新たなつながりの為に

現在の会員数は、榛南青年会議所のメンバーが最も多かった時期に比べ、約3分の1に減少しており、全国的にも会員数の減少が叫ばれ、会員拡大は近年の課題となっています。会員拡大において、新たな仲間を増やすことはもちろんですが、メンバー一人ひとりが青年会議所の魅力を再認識し、青年会議所の三信条である「修練」「奉仕」「友情」の下、誇りと自信と気概をもち続け運動を展開し、JAYCEEとしてより成長し行動することも必要です。そして成長した私たちが地域の人たちに青年会議所の魅力を伝えることで、地域に多く存在する志高い青年の共感を得て、会員拡大に繋がります。また、新たな仲間との出会いは、私たちにとっても新たな刺激となり、私たち自身のさらなる成長にも繋がるのです。

 

未来へのつながり

子どもたちは地域のたからです。子どもたちの長い人生には多くの選択があり悩むこともありますが、困難に負けず楽しく生き抜いてほしいと考えます。だからこそ、自分の力を信じて未来を切り拓く力を身につけてほしいと思います。そのためには子どもたちの感性を磨き、多くの「感動」を体験してほしいと私は思います。感動には様々な感動があります。たとえば生でプロスポーツを見た時、美術品を見た時などに感動が生まれます。しかし、感動するだけでは、未来を切り拓く力は身につきません。子どもたちには、表面的な美しさやカッコよさに感動し、憧れるだけではなく、その裏にある努力の積み重ねや多くの人の協力、支えがあることに気づけるようになってほしいと思います。そのような深い部分に気づくことができる感性を磨くことで子どもたちの未来を切り拓く力は育まれていきます。

 

つながりあるまち

私の理想のまちは、郷土愛溢れるまちです。なぜならばそこでは、まちに住む人誰もが、人、コミュニティ、自然を想い、つながりを大切にしており、笑顔があふれ、誰もが幸せを感じることが出来るからです。郷土愛溢れるまちづくりのためには、この地域の人たちが今一度このまちの持つ可能性や魅力を肌で感じ、郷土愛を持つ人を

1人でも多く増やしていくことが必要です。

時代の流れと共に「青年会議所しかない」時代から「青年会議所もある」時代へと変化し、現在、地元の活性化を考える団体はこの榛南地域にも数多く存在しています。しかし、榛南青年会議所のように行政の枠にとらわれず活動を行っている団体は、他にはありません。私たちが舵取りとなり、行政や諸団体、目的を共有する他の青年会議所とお互い尊重し合いながら連携していくことが、きっとこの地域の未来へ繋がっていきます。

郷土愛を持つ人を1人でも多く増やし、他の団体とともに私たち、そして次世代の幸せを考え、榛南の未来へ向けたまちづくり運動を展開していきましょう。

 

 

結びに

私は日頃より「つながり」を大切にしています。なぜならつながりには、人と人、人と地域、過去と未来など様々なものがあり、すべてのつながりが新たなつながりを生み、人や地域を成長させてくれるからです。

2016年度、榛南青年会議所は「つながり」をテーマとし、創始の精神と諸先輩方が築き上げて来た輝かしい歴史を継承しつつ、時代に即した変化を取り入れメンバー一丸となって青年会議所運動を展開していきます。私たちの運動がこの榛南地域の未来に繋がることを信じ、不変の理念である「明るい豊かな社会の実現」に向け、力強く邁進していきます。

 

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 0548-53-1017 受付時間10時~16時【土日祝日除く】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 榛南青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.